医療出版

メタボリックシンドローム対策シリーズ@
NPO法人 日本運動療法推進機構会員施設 「ム・ウ21あざみ野」の運動実践


 ■DVDの詳細はこちらへ(指導用DVD サンプル動画)
 ■本の購入はこちらへ


 監修者
 長濱隆史(ながはま たかし)


 昭和大学医学部小児科教室大学院卒 業、昭和大学附属病院、河北病院など
 関連病院などを経て、現在、医療法人社団健生会理事長、長浜医院院長、
 疾病予防(医療法42条)施設ム・ウ21あざみ野代表。

 日本小児科学会認定「小児専門医」、日本アレルギー学会認定「アレルギー専門医」、
 日本内科学会認定「認定内科医」、日本医師会認定「認定健康スポーツ医」、
 日本体育協会認定「スポーツドクター」、日本医師会認定「認定産業医」、
 中央労働災害防止協会「健康測定医」


 →ム・ウ21あざみ野 (医療法人社団 健生会) HPはこちら
 
 著者の略歴
 山田和彦(やまだ かずひこ)


 日本体育大学卒、財団法人横浜市スポーツ振興事業団を経て、現在、医療法人社団健生会運営部長。
 日本運動療法推進機構理事、厚生労働省健康運動指導士、厚生労働省ヘルスケア・トレーナー、
 厚生労働省心理相談員、日本体力医学会健康科学アドバイザー、靴と足と健康協議会シューフィッター。

 学術活動では、
 中高年とジュニアアスリートの姿勢変化と呼吸機能(第4回青葉区医師会学術集談会)、
 加齢に伴う平衡機能の検討−転倒防止に向けて−(第6回青葉区医師会学術集談会2001.3)、
 加齢に伴う平衡機能の検討(第2報)―姿勢習慣病克服体操ー(第9回青葉区医師会学術集談会.2004.3)、
 特定保健指導と実施に伴う疾病予防施設・健康増進施設の役割(第12回青葉区医師会学術集談会.2007.3)
 など発表。

 日本運動療法推進機構セミナー、保健福祉センター、介護施設、民間企業など講演指導。
 現場で活躍している健康運動指導士やトレーナーで組織する「メディカル&フィットネストレーナー交流会」
 にも参加。財団法人健康づくり・体力づくり事業財団「生活習慣病別運動プログラム調査事業報告」
 ビデオ「姿勢習慣病克服体操」、NHK「健康ほっとライン」、テレビ朝日「得するテレビ」など執筆、出演多数。

 →メディカル&フィットネストレーナー交流会はこちら
 



日本運動療法推進機構編 2007-2008 「医療法42条施設設置の手引き」

 



(C)Tokyo Sakura Print Co.,Ltd.